私の場合、パソコンのスクリーンショットを取るときは、PrintScreen(プリントスクリーン)を使っています。

 

しかし、PrintScreen(プリントスクリーン)がうまく作動せずできない状態になってしまったので、パソコンの中に入っているスクリーンショットを取る「Snipping Tool」を使ってみました。

 

Snipping Toolを使ってみたのですが、わりと便利でした。

 

もしデバイスを更新してもプリントスクリーンなどで、スクリーンショットが取れない場合のしのぎにもなります。

 

Snipping Toolの使い方

 

Snipping Toolの起動方法は、パソコンのメニューの検索部分に「Snipping Tool」と入力すると、検索結果に表れます。

 

Snipping Toolの画面がでてくるので、新規作成ボタンを入力します。

 

すると、画面が薄く白くなるので、スクリーンショットをしたい部分のカーソルを合わせます。

 

こんな感じ↓(サイトのツッコミはアカンで)

snipping-tool2

 

そのまま放っておくと、数秒でトリミングされた画面がでてくるので、あとは保存するだけです。

 

snipping-tool

 

スクリーンショットしようかと思ったけど、やっぱりスクショ取るのや~めたと思ったときは、Snipping Toolの新規作成ボタンの隣にあるキャンセルボタンを押すと元の画面に戻ります。

 

オプションを使うと、設定もできるので自分好みのやり方でやってみるといいかもしれません。

 

PrintScreen(プリントスクリーン)が使えない場合

 

キーボードに何らかのトラブルがある場合があるとかなんとか。

 

そういう場合の対処方法としては、

 

コントロールパネル⇒システムとセキュリティ⇒デバイスとプリンター⇒デバイスマネージャー⇒キーボードを選択⇒右クリックを押してドライバーソフトウェアの更新

 

これをすると、PrintScreen(プリントスクリーン)が使える場合があります。更新した後は、再起動画面がでてくるので再起動するのが無難かもしれません。

 

もしそれでも使えない場合は、キーボードの接触が悪いか、下手すると壊れている場合もある可能性もあり。

 

色々調べてやってみても直らない場合は、しばらく放っておいたり、どうしても直らない場合は、新しいキーボードを買ってしまった方がいいかもしれませんね。(ノートパソコンもキーボード買うと便利です)