お昼を食べ後や午後になると、眠くなったりしませんか?

 

他にも、仕事だと遅くまで残業をしていたりすると、ついつい眠くなりますよね。

 

そんな眠くてしょうがない時は、何らかしらの対策をすると思います。

 

そんな中、眠い時に眠気覚ましの食べ物が「ラムネ」。ご存知でしょうか。

 

え、コーヒーなどのカフェインじゃだめなの?なんて思われるかもしれません。

 

ここでは、眠気沢ましになぜラムネ良いのかをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

コーヒーなどに含まれるカフェインだとダメ?

 

眠気覚ましとして、コーヒーや栄養ドリンクを飲まれる人も多いと思います。

 

特に男性とかは1日1本は缶コーヒーなど飲まれる人も多いかもしれませんね。

 

眠気覚ましとして、カフェインを摂取するといいなんて言われていますよね。

 

確かに、カフェインは目を覚ますには良いのですが、心臓や脳みそなど身体に負担をかけてしまいます。

 

よく妊婦さんなどがカフェインを取っちゃダメと言われているのは、それだけカフェインが身体にダメージを与えちゃうからだったりします。

 

長い目で見てみると、身体に負担をかけるカフェイン摂取はいかがなものかと思いますよね。

 

そんな時、身体に負担を書けない食べ物が「ラムネ」だったりします。

 

しかも、すぐに目が覚めるという「即効性」も期待ができちゃうんです。

 

まさかのラムネ( ゚Д゚)

 

眠気覚ましになぜラムネが良い?

 

ラムネがよいというよりも、ラムネの原料であるとあるものが眠気覚ましにはよいとされています、

 

それは、ラムネに含まれている「ぶどう糖」。

 

疲れた脳みそにブドウ糖がよいなんて言われて、受験生や試験の時にブドウ糖タブレットなどを食べた人もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、なぜブドウ糖が眠気覚ましによいとされているのか?

 

ご飯を食べた後など、午後眠くなったりするのは、血糖が下がり、脳に「ブドウ糖」が減っている状態が起こすことなのだそです。

 

これが、この血糖値が下がり、ブドウ糖が不足してしまうのが眠気の原因だったりします。

 

ぼーっとしてしまうと、正しい判断ができなかったり、集中力も低下したり、眠くてイライラしてしまいますよね。

 

脳の唯一のエネルギーは「ブドウ糖」。

 

なので、血糖を上げて眠気をさまして元気な脳にするには、「ブドウ糖」を取ることが手っ取り早い方法なんです。

 

ブドウ糖が入っている代表的な食べ物が「ラムネ」ではあるのですが、ブドウ糖が入っていないラムネもあるので、購入の際は原料を確認をしてみてください。

 

例えば、よくスーパーやコンビニに売っている、昔ながらの青緑のプラスチックのケースに入っている100円前後のラムネはブドウ糖が入っています。

 

これこれ。

 

ラムネの90%は「ぶどう糖」で出来ています。ほぼ主原料といっても良いほど。

 

このブドウ糖が含まれているラムネを食べると、身体にすぐに吸収されます。すると血糖が上がり、脳にブドウ糖が送られることになるというわけです。

 

すぐに吸収されるので、即効性の目覚めや脳の活性化にはいいなんてされています。

 

前日に飲みすぎたときの、次の日に起きるぼーっとした日なんかにもいいみたいですよ。

 

目覚めに良いラムネの効果的な個数

 

眠気目覚めに良い個数は、「10個」と言われています。これは個人差があるので、目安としてみてください。

 

え、そんなに食べるの?と思われますが、実際ラムネのカロリーは、ラムネ1本で110kcal。

 

女性などは疲れたらチョコや飴などをついつい食べちゃいますが、カロリーが高いものをついつい食べちゃいますよね。

 

ですが、チョコや飴はブドウ糖ではないので、実際は脳の疲れを取っているわけではないので、カロリーも面も考えるとラムネはカロリーもそこまで気にしなくていい食べ物だったりします。

 

1本まるまる食べるわけではないですし、脳みその栄養となるのでさほど気にしなくてもよいのだとか。

 

ですが、大人になるとラムネは子供のお菓子っぽいからちょっと・・・買うのに抵抗が・・・(´・ω・`)という人もいらしゃるかもしれません。

 

個人的には、ラムネ以外なら「ブドウ糖のタブレット」が良かったです。

 

2個ぐらいで目がシャキーンってなりました。甘くてすぐに溶けちゃうので、美味しいです。2個は少ないかもしれないので、個人で試してみてください。

 

私はコレ↓をドラックストアで買ったのですが、まとめ回なら通販の方が安かったです。

今は大量に食べているので、↓の業務用的ぶどう糖を使っています。コーヒーなどや紅茶などにもいれたりと使い幅が広がりました。

 

 

ドラックストアの売り場では、カロリーメイトなどが売っている栄養補助食品あたりに売っていると思うので、欲しい方はチェックしてみてくださいね。

 

ごはんを食べて眠くなったときや、脳みそが疲れたときに脳のチャージ&眠気覚ましとして、ラムネなどブドウ糖を取ってみてはいかがでしょうか。

 

カフェインよりも、手軽で断然体には優しいですよ。

 

ぜひ眠い時や疲れた時にお菓子よりも身体に優しい、ぶどう糖でチャージしてみてはいかがでしょうか。

 
チョコレートやコーヒーよりも安上がりに済みますよ。
 

スポンサーリンク