今年も残りあと少しですね。私の場合は、税金関連を何もしていなかったので、アップアップしています。

 

利益が微妙だったらよかったのですが、わりと利益があったので、それなりに税金を納めなくてはいけません。

 

個人的にあまり後悔することはすくないのですが、今思うのが、アフィリエイトで売れてきた時に、なぜ開業届を出して個人事業主にならなかったのか。青色申告でなく白色申告なんだ自分・・・

 

と心の中で問い詰めています。

 

税金対策になる青色申告のためにも出しておけば良かったと、とても悔いています。

 

個人事業主になる特権とは?

 

個人事業主はどんなものかを大雑把に書けば、開業届を出すことで「独立したアフィリエイター」になれるって感じになりだと思ってます。事業主って響きかっこいいよね。

 

フリーならば、独立フリーランスみたいな感じですかね。

 

開業届を出して、個人事業主になる特権としては何といっても「確定申告」での恩恵を受けれること。

 

他にも屋号で銀行口座が作れたり、赤字を繰り越せるなどの特権もあります。

 

確定申告には種類がある

 

確定申告の前に、確定申告には3種いほどの申告方法があります。

 

・青色申告

・白色申告

・雑収入として入れる

 

という申告方法が方法が普通なのかなって感じです。

 

サラリーマンだと、雑収入に入れるとかなんとか。

 

正直、雑収入らへんはわかりません。でも、副業禁止のところだと、対策をしないとバレます。恐いですね。

 

確定申告をすべき人としなくても良い人

 

話は戻り、大概のアフィリエイトをしている人は、白色申告、青色申告での確定申告を行います。

 

ですが、中にはアフィリエイトで稼いでいない人は、申告をしなくても大丈夫な場合もあります。

 

A8のASPだと、確定申告のシュミレーションなんかもできるので、自分で試してみて下さい。

 

退職した場合

 

やっかいなのが、退職しちゃった場合です。働いていないけど、給与明細はあし、アフィリエイトの収入もある。

 

こんな人の場合だと、給料が65万円以上で、アフィリエイトの所得が38万円以上だと申告しなければいけないそうです。

 

これは、別途に調べたことを書いていきます。

 

ちなみに、所得とは「収入-経費―保険もろもろ」=所得です。

 

私がアフィリエイトを始めた頃は、給料が14万で、アフィリ所得が数万【教材とかサーバー代でほぼ消えた】だったので、一応給料分のみを申告しました。

 

白色申告にメリットがない

 

さてさて、話は個人事業主や法人の特権となる青色申告の話に。

 

38万円以上を超えると、確定申告をしなければなりません。大概は白色申告です。青色申告していない人は、白色申告になるかと思います。

 

白色申告も、昔は300万円以下は適当系で良かったようですが、今は、帳簿の記帳が義務化されたそうです。

 

昔は、白色申告は帳簿とか特につける必要もなく、金額を申告するだけなので手軽だったようですが、今は帳簿の記帳ができてしまったので、特に白色申告にメリットがないんだとか。

 

税金に関しては、インターネット上だと古い情報もあるので、本屋などで新しい情報を手に入れることをお勧めします。

 

青色申告のメリット・デメリット

 

さて、白色申告に魅力がなくなってしまった昨今の確定申告。では、なぜ青色申告の方がよいのか?

 

青色申告にする特権は、なんといっても「65万円以上の控除」を受けることができます。

 

アフィリエイトは所得税を払っていないので、確定申告で納付しなければならないんですね。

 

その時、所得税の利率があって、所得からこの控除額65万円を差っ引くことで、所得税の支払いや今度の税金の支払いに関して税金対策になっちゃうってわけなんですよ。

 

何言っているのかわからない?税金が安くなるってことです。

 

所得税の利率は、

 

195万円以下なら利率は5%

330万円以下なら利率は10%+控除97,500円

 

詳しくは国税庁のHPをみて下さい。

 

私の場合だと、青色申告と白色申告の税金の差が10万円ぐらい差があるので、お涙すぎます。

 

ですが、デメリットとしては「複式簿記」をしなければならないってことですね。経理をしている人ならばわかると思うのですが、損益を出して一般企業みたいに書類を出さなければならないんですね。

 

簿記3級がわかってればできますし、今は確定申告の青色申告の会計ソフトもあるので、それを使うと簡単で便利で楽に書類がつくれるようです。

 

会計ソフトだと、やよいの青色申告オンラインが一般的な利用者が多くて、使い勝手がいいそうです。

 

1年目は無料で使えるので、試して使ってみるのもいいかもしれませんね。青色申告は、ソフトでの会計が必須です。

 

私の場合はエクセルで書類を作るのも良いのですが書き方がよくわからないので、やよいの白色申告オンラインで申告書類を作りたいと思います。

青色申告をしたい場合

 

なら青色申告したいよねって思いますよね。

 

青色申告ができるのが、個人事業主で開業届と一緒に青色申告の申請を出した人ができるんですね。

 

さてさて、それでアフィリエイトで開業届を出して青色申告の控除を受けると、私の場合は税金が10万以上ぐらい変わってくるというね。とほほ。

 

すぐに開業届をだしても大丈夫?

 

青色申告の恩恵を受けたいと思い、上の内容を見ると、個人事業主になりたいから開業届を出したいという人も多いかもしれません。

 

ただし、開業届を出す感覚としては、金銭を貰ってからの日となります。

 

つまり、アフィリエイトしてる人は、本来は出さなければいけないものでもあったりするのかもしれません。

 

開業届が出せるのは、

 

・開業日から2ヶ月以内

 

・1/1~3/15日の間【1月+確定申告期間内あたり】

 

なのだとか

 

別に開業届を出さないからと言って咎められるわけでなく、きちんと確定申告ができていればいいんですよね。

 

なので、開業しようと思ったら、税務署のホームページで個人事業主の紙を印刷して提出するか、税務署に行けばいいんだと思います。

 

ですが、私はアフィリエイトを去年始めたので、事業届を出せたとしても、青色申告の恩恵を受けることはできなかったりします。

 

期間内に個人事業主にならないと白色申告

 

私がアフィリエイトを始めてから2ヵ月はほぼ経費で消えましたし、稼げるようになってきたのも6ヵ月以上のことでした。

 

なので、今年の確定申告はしないか、微々たるものだなと思っていました。

 

しかし、突然売り上げが跳ね上がったのですね。でも、上の条件でわかる通り、アフィリをしてから6ヶ月以上たっていて、日にちも3/15日を過ぎています。

 

もし、3/15日あたり前に個人事業主になっていれば、「青色申告」でOKだったわけですね。

 

もちろん、アフィリエイトを始めて2ヶ月以内になれば個人事業主にはなって、青色申告ができます。

 

開業届期間をすぎると、個人事業主にはなれず、来年申告の今年分は「白色申告」で、来年から「青色申告」ってことになるんですね~。複雑。

 

個人事業主のタイミング

 

アフィリエイトを続けるならば、開業届を出しておくのが無難だと思います。

 

アフィリエイトはいきなり収入が跳ね上がるので、開業届だして個人事業主になっていないと、無駄に税金を払うようになってしまうからです。

 

税金関係を調べたときに、10万円以上稼いだらした方がいいと見かけましたが、事業主になった前の金銭取引があった前は、雑収入にしなければならないなど、よくわからない面があるからです。

 

なので、アフィリエイトを長く続ける意思があるのであれば、個人事業主になった方がいいです。

 

私はアフィリエイト1本でやってますが、開業届を出さずにかなり損しました。

 

節税も考えなきゃいけないんだな~とまざまざと感じます。

 

確定申告しないと後が恐ろしい

 

確定申告をしない人が世間的に多いようです。ばれなければ大丈夫でしょ~と思いますが、税務署は調べて、過去の脱税からさかのぼって容赦なく取り調べをしてくるようです。

 

税務調査なんかもその一環みたいですね。

 

アフィリエイトもそうですが、インターネットオークション、楽天アフィリエイトのポイントも所得を一定超すと確定申告しなければいけません。株でも、マイナスでも確定申告義務はありますよね。

 

別に一定額を超しても、あまり所得がなければ所得税などはそこまでとられません。なので、隠さず確定申告した方が良いです。

 

というのも、怖いのが「重課税

 

結局は脱税してたってことになるので、過少申告加算税とか、追徴課税とかが加算されます。つまり、罰金みたな感じ。

 

せっかく稼いだお金が半分以上もってかれる場合もあるそうです。超痛手ですよね。

 

色々な人のブログを読んでいると、5年前からある程度の所得があったのに、申告してなかったとか、旦那さんの不要だからいらないと思っていたとかあるそうです。

 

会社とは違う

 

自分で確定申告が面倒くさい場合は、税理士などにお願いする方がいいですけど、ある程度の所得がないと別にいいかなって感じです。

 

アフィリエイトでもフリーでもそうですが、あくまでも自分で確定申告しなければなりません。

 

会社で働いていると、人事や経理課などが年末調整をしてくれますが、あくまでも個人で行うので、全て自分でする必要があります。

 

私の場合だと、保険料や年金の申告を忘れてて、あとから一気に払ったなどの経験があり、後から税金を払う大変さをまざまざと実感してます。

 

なので、しっかり払うものは払ったほうが身のためでもあると思います。

 

古い情報に惑わされない

 

インターネットで確定申告を調べると、いろいろ古い情報が多かったりします。

 

また、経費の概念など間違っていたり、誤った情報も多いです。あっちのサイトではOKって書いていても、こっちではダメとか書いてあったり。

 

たとえば、上でチラッとふれた「白色申告」とかも改定されています。

 

確定申告する場合は、きちんと雑誌や書籍、教材などで勉強して「本当のこと」を知る必要があります。

 

本は確かなので、確定申告の本を買っておくと便利かもしれません。

 

私の場合は、どの本を買えばよいかイマイチよくわからないですし、開業届や青色申告の提出方法、法人の方法、経費の計上など確定申告のノウハウが載っている「ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』という教材を参考にしています。※最後に教材の特典付きをご紹介しています。

 

青色申告中心ですが、アフィリエイトに特化した税理士さんなどが確定申告や節税対策が載っていて、ネット上でインストールするので常に最新の情報がわかって便利だからです。プラスすると、掲示板などで質問もできて確定申告がわからない自分にとっては良い味方です。

 

アフィリエイト専用の確定申告の本とか見かけないので、経費の按分とかもわかるし、副業とかしている人も便利かもしれません。

 

サラリーマンなどが、ばれないように副業でアフィリエイト申告をするのは結構複雑だなと感じました。

 

副業がばれないようにする方法は特に、ネット上だとわりといい加減な情報も多いので、税理士さんなど専門分野の人が書いていないもの以外は、それ通りにするとちょっと危ないかもしれません。

 

 

青色申告と白色申告のメリットデメリット 確定申告のことまとめ

 

確定申告ってこんなにめんどうなことだとは思いませんでした。超面倒くさいですし、さっさと開業届出して個人事業主になっておけばよかった。

 

ネット上ではあっているのかないのかわからない情報だらけなので、もっと早く勉強しておけば良かったなと後悔しています。

 

それと、アフィリエイトに限らず、転売でも、最近はやりのメルカリでも、ある程度の額を超えると申告しなければ危ないです。必ず一定額を超したら、確定申告するのが身のためだと思います。

 

もしアフィリエイトを長く続けるのであれば、税金の勉強もした方がいいよ~って話でした。

 

特典つけてます

 

ちなみに、ネット税金ビジネス対策NTSストラテジー(上位版)を、当管理人あじのところで購入なさった方に、特別特典お付けしております。

 

それが、確定申告が初めての人向けの「ぎりぎりOk!1DYS確定申告マニュアル」です。

 

(内訳)

 

  1. 1DAY確定申告の対象者とは?
  2. 1DAY確定申告とは?
  3. 売り上げを集計する
  4. 経費を科目ごとに集計する
  5. 収支内訳書を作成する
  6. 税務署に行く
  7. 開業届・青色申告書も提出する
  8. 売り上げ・経費チェックリスト
  9. 収支内訳書の例

 

 

NTSの作成者様の限られた人に配られたもので、限定特典配布の権利をいただいたものです。

 

・確定申告なにもしてない人

・準備なんてしてない人

・38万円超してしまった人

・どうすればよいかわからない人

 

向けに作られているので、焦っている人には便利です。

 

この特典は上位版のみにお付けいたします。

 

今後アフィリエイトで稼いでいきたい人は、中身の必須なのでぜひこの機会に税金の勉強をしてみませんか?

 

この画面があるかを確認してあればOKです。

 

【特典付き】ネット税金ビジネス対策NTSストラテジー

 

やっぱり個人で確定申告は心配な場合は

 

なかなか簿記や会計の知識がないと、簡単といっても自分で申告するのはわからなかったり、難しかったりしますよね。

 

私は一応簿記関連してますが正直青色申告とかもギリでできるとは思うのですが、正直辛い部分も多いです。まじでわからねえ。

 

アフィリエイトやっていて簿記の知識がちんぷんかんぷんだったり、逆に稼いでいてもう少し税金安くしたいよねということも多いと思います。

 

アフィリエイトは普通の法人と違って経費など分類なども違ったり、わからない部分も多いです。

 

そんな時頼りになるのは、税理士さんです。やはり税金のおプロさまですよ。

 

税金のマニュアル見てわかるものも多いですが、収入が多くて少しでも節税したい、副業で確定申告の暇がないという方は税理士さんに頼むのが楽ですし、手っ取り早いと思います。青色ならば65万円控除になりますからね。

 

むしろ、アフィリエイトで集中したり、副業で時間取れない場合は、多少お金がかかっても税理士さんに確定申告を丸投げした方が楽です。その分作業できる時間が多いですからね。

 

税理士さんに確定申告をお願いすると、節税アドバイスや、なによりもクソめんどうくさい確定申告をしてくださるんですよ。会計ソフトあっても仕訳作業とか、分類とかわけかわかんですからね。

 

なので、最近私も税理士さんに確定申告をお願いしようかと思っていたんですけれど、ぶっちゃけどんな税理士さんにお願いすればいいんだ!?と思うようになって、調べてみたんですよ。

 

どうやら普通の税理士んさんよりも、アフィリエイトや情報系に詳しい税理士さんの方がいいらしいんですけれど、自分で探すのってわからないですよね。自分で見つけられないですし。アフィリエイトやネット系の確定申告に強くない人だったら頼りにならないし。

 

長い目で見ると、節税とか色々アドバイスしてくれる税理士さんがいれば頼もしいですし、確定申告も丸投げできるので特にすることなく自分はアフィリ作業や、言われた通りの節税すればいい話です。

 

そんな時見つけたのが、自分の希望するような税理士を見つけてくれるサービスが無料であるみたいです(もちろん税理士さんにお願いするときは料金はかかりますよ)

 

それが、「税理士ネットワーク」というサイトです。

 

 

どんなサービスがあるサイトかって言うと、よくある転職エージェントサイトのようなサービスが受けられるサイトです。

 

税理士紹介実績の豊富な専用のコンシェルジュがいて、そのコンシェルジュが自分の希望に合わせた税理士さんを見つけてくれるそうです。

 

自分で見つけるなんて分けわかめですし、なかなか判断するのも難しい話ですからね。

 

やり方としては、コンシェルジュに自分の希望を伝えるわけです。例えば、アフィリエイト系に強くて、○○県の○○市付近の税理士、予算はこれぐらい、優しい人がいいなとかですね。

 

そいういった条件とマッチングした税理士さんをコンシェルジュがみつけてくれて、コンシェルジュが税理士さんと事前交渉してくれて、自分に連絡がくるのだそうです。

 

しかも、税理士さんとの合意するまでコンシェルジュが色々してくれて、無料でここまでの手続きをやってくれるのだとか。私は交渉とかクソ苦手ですし、人を見る目がないのでこういったサービスはありがたいし、もしダメでも無料なら痛手はないですね。

 

自分が交渉してう~んだったら、別の税理士さん紹介してくれたりするんでしょうね。アフィリエイトサイトをみていると、こういった作業はすべて自分でやっている方も多いみたいで、自分で選ぶからなかなかうまくマッチングしない、手間が省けますね。

 

転職エージェント系のものが税理士版でもあるのを知りませんでした。最短だと当日でもOKなのだそうですよ。

 

やっぱり何事にもプロにお任せするのが楽ですね。自分のめんどうくさい要望にも聞いてくれるので、確定申告に悩んでいて税理士さんを選ぶのに悩んでいたら、まずは相談がてらにでもサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

⇒税理士ネットワーク公式サイトはこちらから