賢威1

賢威は世間から良いと言われても、メリットもあればデメリットもあります。

 

超イイよーひゅーなんて書かれても、実際に賢威を手にして違うじゃんという場合もあるかもしれません。

 

ここでは、賢威のデメリットについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

賢い威厳のデメリット

 

HTMLやCSSの知識が必要な場合もある

 

賢威のデメリットは、世間的に言われているのは「HTMLとCSS」の知識が必要となるということです。

 

というのも何らかでカスタマイズが必要になってくる時があるからです。

 

個人的には、HTMLやCSSは超ダメダメでほぼデフォルメを使ってますが、HTMLやCSSを使わざる負えないときが来ます。

 

例えば、リンクをマウスにのせるとぴょこっと動く感じにしたいな~と思ったときには、少しいじくる必要がでてきます。
ただし、賢威に限らずどのテンプレートでHTMLとCSSの知識は必要とはなるので、嫌いでも多少はいじくることはあります。

 

ですが、私の場合は全然覚えられないのでわからない時は、公式の質問やサイトでなど検索して解決できています。

 

サポートフォーラムなどの掲示板からも検索できたり、質問もできるので悩んだらGO。

 

 

値段がかかる

 

有料テンプレートなので、お金がかかることです。

 

ですが無料テンプレートに比べると「SEO対策」のために作られています。

 

上位表示しているサイトで、無料テンプレートとか無料ブログとかあまり見かけませんよね・・・。

 

ワードプレス×賢威が優位な理由もわかります。

 

わざわざ高いテンプレートを買う必要性も出てきますが、稼げてる人の多くは賢威などの有料テンプレートを持っています。

 

また、稼いでいるアフィリエイターさんは賢威を必ずプッシュしてますし、インフォトップでも常に上位にあります。

 

なんとなく、上位にあるのもわかりますよね。

 

最初は値段がかかりますが、みんな稼いでいる人は投資だと思って賢威を使っている人が多いです。

 

デザインが他人と被る

 

私のように、HTMLとCSSが苦手だとデザインが他の人と被る場合があるというデメリットがあります。

 

個人のオリジナルサイトを作るのであれば、HTMLとCSS、デザインの知識は必要になると思います。

 

しかし別にサイトデザインが同じでもコンテンツがしっかりしていれば、不利になるということは少ないと思います。

 

また、最近ではサイトの閲覧はパソコンよりも「スマホ」が中心となっているので、別にデザインが同じでも特に大丈夫だったりもします。

 

賢威の場合はスマホ対応もしているので、その辺は全然気にする必要はないかなと思います。

 

また今年、賢威7にバージョンアップしたのですが、賢威7を使っている人はあまり見ないってことですね。

 

どちらかといえば、前回の賢威6を使っている人が多い。これから増えるかもしれませんが。

 

HTMLとCSSが苦手でも、ヘッダーに画像をいれればオリジナルサイト完成だー(^○^)

 

賢威のデメリットまとめ

 

HTMLとCSSはサイトで検索すればなんとかなります。

 

というか、私的には苦手でもなんとかなってます。

 

あとは、財布の紐との相談かな~と思います。

 

賢威や他のテンプレートで比較してたんですけど、やっぱりSEO的には賢威で作ったサイトは上位表示しやすい感じはしました。

 

キーワード選定もありますけれど、今までわりとアクセス集まっていたのに、別のテンプレートに変更して何か月かずっとそのままですが、アクセスがガタ落ちな感じでした。

 

上位表示されやすいってのは、他のテンプレートと比較するとわかる感じです。

 

テンプレートの変更ってあまり良くないとされていますけれど、賢威のテンプレートに戻そうかなって感じです。

 

>>賢威の公式はこちらから

 

 

HTMLとCSSが苦手ならば、シリウスもおすすめです。

>>賢威とシリウスの違い

スポンサーリンク