toshin

会社で辞める言い方を考えるのは、めんどうくさいですよね。

 

昔、早く会社を辞めたいけれど、辞める言い方をどんなふうに言えばいいんだろうなんて思ってました。

 

実際「会社の辞め方 なんて言えばいい?」と調べたこともありました。

 

ここでは、私が言った会社のやめる言い方をご紹介します。

 

どちらかといえば、好意的に会社を辞める人には向いていないです。

 

この会社まじヤダーと心の底から思っている人・精神的に病んでいる人向けの言い方です。

 

ちなみに3回転職してるので、ひとつぐらいは使えるものがあるかと思います。

 

 

会社の辞めるときの言い方

 

転職先が決まっている

 

これは2回目の転職先で、次が決まっているので辞めたいということを伝えました。

 

どうして会社をやめるのか?と聞かれてますが、転職先が昔からやりたい仕事だったとか適当に言えば大丈夫です。

 

もし、このとき社員でなければ、社員になれるからとかでもいうと効果的かもしれません。

 

次が決まっているので、比較的言いやすい言い分です。

 

 

家族・両親を理由にする

 

家族・両親を使います。

 

私が辞めたいと思ったときも、少し色々あって、そこまで大したことではないのですが、会社を超辞めたかったので、これを大きくだしにしました。(書き方悪いけれど)

 

会社で辞めた人も、最近だと「介護」とかで辞めてる人もいましたね。

 

介護が理由だと、意外と辞める理由には効果があるそうです。

 

本当のことならば、隠さずきちんといえばいいこと。

 

私は会社でそんなことで辞めるの?と言われたのがあまりにもいらっときたので、

 

そいう風に軽く言われますけれど、なんでそんなこと言えるんですか?他人にはわかりませんよと言ったら、そんなに酷いの暗い表情になってました。

 

休職はどうだとも言われまる場合があります。そんなもんよりもこんな会社を辞めたいんじゃー。

 

今後は、落ち着いたら考えていこうと思いますと言いました。

 

やはり家族の問題だと、他人から指摘しずらい面があります。

 

家族のことを深入りされる筋合いもないですからね。

 

 

精神的被害(パワハラ)にあっていたことを言う

 

同じ会社で言ったのは、過去に「パワハラ」にあったことをはっきりと言いました。

 

上が周知していたものの、その後、何の解決もしない会社にうんざりしたことを言いました。

 

それが自分だけでなく、一人のパワハラが原因で今までにたくさんの人が辞めていくことにもあきれたことも言いました。

 

部長や課長級の人は、何も解決できないことに「うぐぅ・・・」という感じです。効果てきめん。

 

きちんと治させるからといいつつ、どうせ治らないし、もうこりごりだね。

 

もし病んでいる人がいれば、これで解決してくれるのであればラッキーものです。

 

 

上司の嫌がらせが嫌だという

 

はっきり言うパターンパート2の言い分ですね。パワハラでなくいじめ?

 

自分の(女性の)上司の下では、あまりにも理不尽すぎて働けないと言いました。

 

私が2回目に働いた会社?です。

 

女性の上司の嫌がらせが最悪なのもあったのですが、それを注意できない女性の上司の上司もちょっとね・・・。

 

お局とか多いよね。

 

会社自体も古い体質に縛られていて、新しい人を馬車車のようにこき使い、給料も低く、高齢が多い天下り的機関。会社。

 

あまりにも、幼稚すぎる嫌がらせなうえに、仕事はわんさかさせるあの女性上司。

 

このことを上に言ったら、やっぱりそうか~なんて言われたから余計にぷっちーん。知ってたんだよね~(^○^)

 

と思ったら、その人で何人も働いている人が辞めているそうです。だよねー(^○^)

 

解決する余地もないので、会社を辞めることを言い、1か月後辞めました。

 

体制が変わらない、古い体質はこりごり。

 

病気的言い分

 

3つ目の転職の時は、病気になったという言い分をしました。

 

辞めたいとだけ言ったとき、くどくどくどくどなんで辞めるのかを、会長のじーさんに言われましたが、

 

ごはんも食べられなくなったといったら、すんなりと辞めさせてくれました。あれ?

 

しかもその日に帰ってよくて、もう来なくていいといわれました。ラッキー(^○^)

 

なので、病気でなくても、病気になった、食事も最近全く喉に通らない、吐き気がするなどと嘘つくのもありかなと思いました。

 

こいつ・・・病んでると思わせる。下手したら訴えられるからね。

 

あ、いや私は本当に病んだんですよ。あのばーさんの顔をみるだけでも吐き気が・・・うっ。

 

というのも、引き継ぎの時に前任者から全く仕事を与えられず、過去の資料も全て消されたという状況。

 

嫌がらせとはいえ、公共にも出す組織だから、まずくない?という感じでした。

 

嫌がらせというか、聞いても全然答えないし、引き継ぎの資料も何もないし・・・。

 

重要書類もシュレッターにかけず、普通のごみの日に捨ててるとかおかしい。

 

しかも、そこの事務所では私一人でやるというね・・・しかも、国の申請が下りるとかどうとか。

 

どうやら長年前任のばーさんは悪いことしてたらしく、それを押し付けられそうになったので身の危険を感じ辞めました。

 

何十年も働いていた前任者の後釜だったので、どうせ言い分も聞いてもらえないと思い病んでしまったことを言いました。

 

定年まで長年いる女性は、すべてではないとは思いますが本当に問題案件。

 

今まで合った人間で、まともな人間がいない。

 

特に勤続年数20年以上。

 

やりたい仕事ができたことをいう

 

この言い分はクリーンですよね。

 

要は、やりたいことが出来ました~といえばいいです。

 

別の職種なら言いやすいですが、同種であれば言い分も複雑になりますが・・・

 

そういう場合は、別の分野に興味をもっていて今のうちにやりたいとか、子供が大きくなる前にやってみたいとかそんなことでいいと思います。

 

今の会社は、自分の人生には関係ないので。

 

というよりも、言われる筋合いがない。

 

 

結婚するから収入をアップさせたいため

 

これはわりと親しかった営業マンが言ってました。

 

私の勤めていた会社は給料が少なく、昇給がカスのような感じだったからです。

 

確かに結婚するには足りないだろうな~という感じです。

 

給料で悩んでいたら、一種の賭けに出れます。

 

ここで給料アップを言って来たらラッキーです。言われなかったらさよならです。

 

ちなみに、私の場合は、給料の打診は全く美塵ともなかったようなので、会社を辞めました。

 

 

辞める時に打診がある場合

 

私は会社を辞める時、打診がありました。

 

どうすればやめないか?ということ。

 

部署を移動する、自分の希望する部署に異動させてくれるということ。

 

ここで給料面で向上のことを言おうと思いましたが、人間関係で辞めたい部分が占めていたのであえて言いませんでした。

 

給料で悩んでいるならば、ここで希望額などを伝えても良いかもしれませんね。

 

もし別の部署に異動させてくれるのであれば、一度異動して、そこでも微妙だったら辞めてもいいと思います。

 

とにかく会社の言いなりにならないこと。

 

会社の後釜のことなんて考えなくて良い

 

会社を辞める時に、自分が辞めたらみんな大変だろうなと思うかもしれません。

 

別に自分がいなくても、会社はなんとかなります。

 

むしろ、何とかならないと不味いだろって感じです。

 

一人に依存してたら自業自得だよねって話。

 

何かあったら電話していい?とか言われたことがあります。

 

私の働いていたところだと、仕事を人に押し付けて、仕事しない人が多かったので、ふざけるなとは思いましたけどね。

 

働いていた会社が良かったなら別なのですが、心の底から辞めたいと思う人は辞める会社のことなんて、なんとも思わなくていいです。

 

特に精神的に病んでいる人。

 

働きやすい会社なら、辞めないよね。

 

会社は保険などを折半してくれたり、ボーナスをありがたいですが、それ以外はきちんと対価に応じた仕事をしているはず。

 

それならば別に会社に、特別な義理もないかなと思っています。

 

自分がいなくなって大変になる?せいぜいがんばれよって感じです。

 

辞める言い分をした後、一時的には会社にいにくいです。

 

ですが、後は引き継ぎや雑用だけですし、どうせはおさらばするのだから、綺麗にしなくてもいいやという派です。

 

次も同族の業種や関連会社ならば、クリーンに終わらせる方がベストですが・・・。

 

ここまで書いていると、私がとても薄情に思えますが、会社ではずいぶんとパワハラやセクハラ、いじめにあって精神的に病みました。

 

会社にヘルプを求めても解決しないので、本当にNPO法人的なところに助けてもらおうかなとも思ったりしました。

 

あまり証拠がなかったので、訴えはしませんでしたけどね。

 

会社が何かをしてくれるなんて期待をしてもダメです。なんの解決にもなりません。

 

ただ単に、臭いものに蓋をするだけのようなもの。解決してくれればいい会社なんじゃないですかね。

 

自分の身は自分で守らなければならないんだな~と思いました。

 

今は会社にもメンタル面の制度が義務としてあるみたいですが、あまり期待できなさそうです。

 

そうだったら、人身事故とか減ってるよねー。