こんにちは、あじです。

 

先日、百貨店で行われている「大黄金展」というものに行ってきました。

 

人間国宝などの金工芸職人ともいわれる名匠が作り上げる、仏具や茶道具、和洋食器などなどのオリジナル作品が展示して買うことも出来ちゃう展示会です。

 

安いものだと5千円~高いものだと億単位の金工芸が見れるとこのことで、こんな機会はめったにないぞと思い、金のオーラを吸ってこようと(やじうま根性)思い切って母と行ってみました。

 

大黄金展 明らかに場違いだった件

 

百貨店なので、どさくさに紛れて見れるだろうなと思ったら、明らかに場違いでした(^○^;;;)

 

かと思ったら、入り口に仕事を選ばないキティちゃんグッズがあり、それはまだリーズナブルなお値段なので買える感じです。

 

こういう風にどさくさに紛れこんじゃったり、やじうま用なのかな・・・・。金のインゴットメモ等とかニクイね。

 

想像しなくてもわかるけれど、チャレンジャー。

 

外から様子が見れるのですが、各場所に白い手袋をつけたお兄さんやらが立っていて、説明を受けているのがマダムばかり。

 

でも、せっかくだから見ちゃおう~と思いみちゃいました。

 

入ってみると、大黄金店とも言われているだけあって、金ぴか世界。

 

ちょうどハロウィンともあり、真ん中には大きな金のカボチャがありました。億だったっけかな・・恐ろしい。値段だけもチカチカするわ。

 

ショーケースの中には、目玉が飛び出るような価格の金工芸品ばかりで、金の刀とか億・・・。安いのでも、2百万ぐらいからでした。

 

これ、前の社会人の年収やと。金のサッカーボールなんて、高級外車1台帰る・・・この仏壇で家1軒帰る・・・金凄い。というより、恐ろしい。

 

途中でディズニーとか、ウルトラマンの置物もあったのですが、普通に50万以上してました。

 

何でも鑑定団を見ている気分。

 

そして、こいつら絶対買わないだろうなと思われているので、誰も説明によってこない。うん、知ってた。

 

大黄金展では、金の茶器でお茶を飲めるという体験コーナーがあり、お茶飲んじゃおう~と思ったのですが、飲んでいる方々がマダムばかりで場違いなので辞めました。

 

この茶器はうんたらかんたらで~なんていう説明を片耳で聞いていると、やっぱり黄金の茶器で飲むお茶はうまいね!なんていう安っぽいセリフしか言えない自分は無理だなと。

 

このぐらいに見合う人間になりたいー。というよりも、こんな凄いもの買う人いるのかよと一般庶民的に思ってたら、

 

「500万のお買い上げですね」

 

なんて後ろから聞こえて、ひぇーーーーー。

 

 

謎のおばちゃんに合う

 

帰り際、入り口に大きな金のゴールドバー(金の塊)がありました。

 

こんなのがでーんと真ん中に。

 

写真禁止だったので、凄いね~なんていいながら眺めていたら、ある一人のおばちゃんがペタペタさわってました。

 

え、さわっていいの?って思わず言ったら、おばちゃんがこれ凄いから触っておきなよ~と言われ、巨大ゴールドバーを親子。ぺたぺた触る。

 

金にあやかろうぜうへぇぇ~なんてゲスイことを言ってたら、いっぱい触っときなーと言われました。

 

母が、これ三菱なんだ~とか言ってたら、

 

おばちゃんが、

 

「三菱マテって有名だよね、これ(ゴールドバー)は純度99.999・・・だから、ほぼ純度100に近くて、18金とか24金なんてのは大したことないんだよね」

 

私たち「へっ、へ~18金や24金たいしたことないんですか????」

 

おばちゃん「たいしたことないよあんなの。これいいよね。」

 

私「あんなの?あ、あんなの?????」

 

この方何者なんだ・・・ざわ。

 

その辺のおばちゃんと変わらない格好で、セレブ~って感じでなかったので謎のおばちゃんでした。

 

「それは120㎏するんですよ」

 

いきなり目の前からお姉さんが説明きたんですけどー

 

私「へ、へ~(^○^)、120㎏、へへへ~」

 

なぜさっきまでガン無視だったお姉さんやお兄さんたちが寄ってくるのかと思ったら、どうやらその謎おばちゃんの孫に思われたのかもしれない。

 

そしたら後ろから、大黄金展のお兄さんが携帯を持ってておばちゃんに、「もう少しで担当がつくので、もう少しお待ちいただけますでしょうか」

 

なんて言われてて、「わかった、じゃあ中見るわ」とそそくさと展示物を見に行ってしまいました。

 

あのおばちゃんは何者だったのか。金持ちのおばちゃんってことは分かった。

 

大黄金展はめったにない体験

 

普通は博物館とかで見れるようなものを、無料で見れたのはラッキーでした。

 

金持ちオーラを吸いまくって(ゲスイ)、場違いとはいえども金持ち気分になれました(笑)

 

博物館は普通の人がくるけれど、こういう百貨店は買う目的でくるのでそれなりの人が来ます。

 

マダムや金持ちオーラを少しでも体験できます(2ゲスイ)