近年話題のふるさと納税ですが、税金控除のために実際に試してみることにしました。

 

社会人の時もふるさと納税をしたかったのですが、イマイチよくわからず、むしろ税金にまつわることなのでやってはいけないと思っていました。

 

しかし、想像以上に寄付って簡単なんだなと思いました。

 

さとふるでふるさと納税をしてみた

 

鈴木奈々ちゃんとかが宣伝している「さとふる」でふるさと納税をしてみました。まずは手始めに1万円から。

 

お礼品を選んで、お礼品を送ってもらう住所を入力して、振込先を入力すれば寄付が終わり。さとふるのふるさと納税の手続きものすごく簡単でした。

 

クレジットカード支払にすれば、ポイントなんかもつくのでお得かな~と思います。

 

あとは、確定申告に必要な書類をまって、確定申告の書類の寄付額に入力すればOK。こんなに簡単ならば、さっさと社会人からしておけば良かった。

 

さとふるのサイトを見ると、来年の1月から会社員向けに、簡単に確定申告を作れる入力画面ができるっぽいです。さっさとできてしまうので、あとは税務署に送ればいいので簡単ですよね。

 

めんどうくさい手続きをしたくない場合は、楽ちんですね。私が社会人の時に行って欲しかったサービスだわ。

 

さとふるの口コミや評判ってどうなの?

 

さとふるの口コミや評判を調べてみたのですが、できたよ~ぐらいで良くわかりませんでした。でも、個人的には手続きやお礼品もなかなかだったので良かったです。食べ物系が多く、カニ、酒、ご飯、肉、果物を選べば超豪華になりそう。

 

肉なんかも、高級肉を1kgドーンお礼品としてくれるので、還元率とかよさそうだな~と思います。

 

さとふるのようなふるさと納税サイトを見ていると、お腹が減ってきます。

 

私自身もまだ商品が来ていないのでわからないのですが、簡単に手続きできますし、ふるさと納税のお礼品の口コミも調べらるので、お目当て商品があればそのお礼品の口コミを見てみるのがいいかもしれません。

 

※追記

ふるさと納税した後、自治体にもよりますが1~2週間でお礼品が届きました。お米やお肉、果物を頼んだのですが、自分では絶対に買えないような質の良いお礼品が届きました。お米もお肉も美味しすぎますし、ふるさと納税お得すぎる・・・。

 

さとふるのランキングで上がっているものを中心に頼んでみたのですが、結構確かなものが多い感じがしました。

 

他のふるさと納税も、さとふるでは取り扱っていないものもあるので、色々調べて検討してみると楽しいですよ。

 

 

住民税控除をしてもらう

 

ふるさと納税のメリットといえば、何と言っても税金が控除されることです。

 

住民税が来年から若干控除対象になるのはありがたいし、なおかつお礼品ももらえて、実質2000円程度なんて考えた人凄いですよね。自分の地元で役に立っているのかわからない税金を納めるよりかは、お礼品もらえるところに頑張ってもらいたいですからね。

 

とかっこいいこと書きつつも、本来は完全に物欲ですけどね!あと税金対策とも言われているそうです。

 

別に払う分は-2000円以外全額なので、税金対策まではいかないのですが、超いいものが届くのを考えると特しかないです。

 

ふるさと納税の還付に関しては、5自治体以上しないと戻らないらしいので、基本は住民税控除となります。

 

確定申告しない場合は、ワンステップ特例申告とかあるみたいなので、確定申告しない人は便利だなと思います。勝手に手続きしてくれるみたいなので。

 

ふるさと納税をする前に控除額のシュミレーションをする

 

さとふるでふるさと納税をする前に気を付けるのが、自分の収入がどれぐらいが控除額の対象になるかを調べるといいです。

 

一概にみんなが同額の寄付額でで控除されたり、還付されたりする金額は違います。

 

独身・配偶者・子持ちなどそれぞれの世帯構成からもわりと違ってきます。

 

例えば、収入が300万の独身者は27,000円ぐらいが目安で、600万妻子+1の場合だと、67,000円など寄付額が全く違いますよね。これ以上寄付しても一律だと思うので、寄付額に見合った金額を寄付するのがいいと思います。

 

さとふるなどのふるさと納税のサイトでは、簡単に控除シュミレーションができるので目安の控除額を確認してから、寄付するのがいいと思います。

 

参考:控除シミュレーション

 


ふるさと納税 さとふる