こんにちは、あじです。

 

物販アフィリエイトをやろうと思ったとき、化粧品などの美容系のネタや、サプリメントのような健康食品をネタで記事やLPを書きたいと思う人も多いですよね。

 

私もメインは美容系なのですが、記事の書き方は、サービス系のものを書くよりも配慮が必要となってきます。

 

ここでは、物販アフィリエイトでも、美容や健康食品系のネタの記事を書くときの『注意点』をご紹介していきます。

 

美容系や健康食品系のネタを書くときに注意点とは?

 

誹謗中傷や過度な比較はしない

 

例えばAという商品と、Bという商品があったとき、比較をする記事を書くとします。

 

Aという商品の方が、成果報酬が高いので、Bの商品をけなしたり、Aの商品を上げるために下げるような発言は控えたほうがイイです。

 

ここはいいけれど、ここがちょっとな~というメリット・デメリットをどの商品にも書くことで、信頼性が生まれてきます。

 

また、各ASPの詳細でも、たまに否認条件として、別の商品を悪く書かないなどあります。

 

ついついディスる書き方をしてしまう可能性もあるので、気を付けて下さい。

 

薬事法に気を付ける

 

美容や健康食品を取り扱う上難しいのが「薬事法」です。

 

悩み系でも、薬事法にふれる場合があります。
例えば、

 

  • 美白
  • 効果・効く
  • 改善
  • 消す
  • 痩せる
  • 増強

 

などなど。

 

これらは薬事法に反してしまう場合があります。

 

特に口コミや体験談を書くときにも、

 

 

  • 「これを飲んで痩せました!」
  • 「これを使ってニキビが改善できました」
  • 「肌のシミが即効で取れました・すごいおすすめ」
  • 「アンチエイジング効果がある」

 

とかついつい書いてしまうものです。

 

効果がありました~なんてついつい書きたくなっちゃいますよね。

 

こういうのは、薬事法では禁止とされています。

 

なので、物販アフィエイトでも美容や健康食品を取り扱う場合、こういう法律に触れる部分もあるので、ある程度の知識が記事を書くには必要となってきます。

 

たまに、これを使って⇒こんなに綺麗になりました~いうのも、ビフォー⇒アフター系の画像もNGと言われているそうです。

 

じつはアフィリエイトをするまで半年以上、ビフォー⇒アフターの写真がNGとは知りませんでした(苦笑)

 

上位表示のサイトには、良くこのような写真見かけますよね・・・。

 

気づかれないからいいかと思うのではなく、下手するとASPや広告主からなんらかしらの措置が取られるそうです。

 

下手すると、報酬が支払われなかったり・・・。

 

 

薬事法OKの表現の一部

 

それならばどんな表現を書けばよいのかと言えば、学ぶのみであったりします。

 

一部として紹介できる表現方法が、

 

  • 隠す
  • しなやかにする
  • 美しく見えせる
  • すこやかにする
  • 痩せて自信をもつ
  • 予防
  • 維持
  • 促す

 

 

などがあります。

 

よくわからない場合は、企業の広告やLPで似たような表現を使ってみると、薬事法には引っかかりません。

 

  • 「このサプリメントは、とても〇○に効果があります」
  • 「この○○を飲んだだけで、-10㎏痩せることが出来ました」
  • 「〇○を使ったら、ニキビが消えました」

 

などつい使ってしまいそうですし、訴求するには使いたい言葉ですよね。

 

私もついつい使ってしまうものがあって、いまだに書くときには表現があっているのか悩みます。

 

それぞれの化粧品や健康食品でも、さまざまな表記のルールがあるので、美容や健康食品などを取り扱う物販アフィリエイトをするならば、目は通した方が良いと思います。

 

薬事法に関するリンク

下記のサイトでは、薬事法に触れていないか、薬事法とは何かを調べることができます。

 

やくじるし

 

薬事法に触れていないかを、調べられるツールです。

1日3回まで使うことができます。

 

やくじるし 公式サイト

 

薬事法ドットコム

 

薬事法のルールや、広告表現を学ぶことができるサイトです。

 

薬事法ドットコム 公式サイト

 

 

物販アフィリエイトで美容系やサプリ系の記事を書くときの注意 まとめ

 

 

美容系や健康食品系を取り扱うのは楽でも、記事の表現方法は意外と頭を使います。

 

私も人のことを言えませんが、薬事法に触れてしまっているサイトが多いです。

 

ですが、皆がやっているからいいというわけでなく、やはりルールなので、薬事法に触れない表現で記事を書くようにしてみて下さいね。

 

難しいですけどね(^_^;)

 

アフィリエイト商品を売りたくて、ついつい効果などの表現は使いたいですが、効果がある?ぐらいの表現のみで、そのほかは別の表現にするのとか、めんどうくさいですよね~。

 

ですが、薬事法は広告主も目を光らせているので、気を付けて下さい。