スポンサーリンク

早速アドセンスで広告設定をしよう!と思い、アドセンスを開いてみると・・・

「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

なんて赤字の表示がでると驚きますよね。

すでにアドセンスをしている場合も、いきなりads.txtがどうたらこうたらと出てきます。

私も最初出てきたときナニコレ!?と同様してしまいました。

放置しようと思いましたがads.txtファイルをしっかり設定しないと、アドセンスを正確に表示されないそうです。

そのためには、問題を解決しなければいけません。

そこで調べてads.txtの設定をしたところ、やり方(設置方法)はとても簡単でした。

ワードプレスをいじるのではなく、サーバーの方を少しいじることで解決します。

(ちなみに私はXサーバー)

これさえ設定すればアドセンストップページの表示は消えます。

ここではアドセンスのads.txtファイルをXサーバーで設置した方法についてご紹介していきます。

アドセンスのads.txtファイルの設置方法

①トップ画面で今すぐ修正をクリック

まずはアドセンストップページにads.txtファイルの問題を修正してくださいという画面がでていると思うので、

「今すぐ修正」という部分をクリックします。

この部分が消えてしまった場合は、すでに設定している場合もあります。

またサイドバーの「広告」→「サマリー」部分をクリックすると、今すぐ修正の部分に行くことができます。

 

②ads.txtファイルを作成する

今すぐ修正部分をクリックすると、1つのサイトでads.txtファイルを作成するという画面がでてきます。

【収益に重大な影響が出ないように、ads.txtファイルをダウンロードして、次の各サイトへのルートレベルのドメインにアップデートしてください】と書いてありますよね。

そしてその下に、自分のads.txtファイルが必要なサイトが掲載されています。

あなたのサイトが複数載っている場合は、そのサイト分ads.txtファイルの設定が必要となります。

ちなみにすべて共通してファイルは使えるので、使いまわしをすることができます。

下の部分に「ダウンロード」という部分があるので、ここをクリックします。

ダウンロードファイルはテキストファイルで保存されます。

③ダウンロードファイルを確認する

次に念のために保存したファイルを確認してみましょう。

保存ファイルはads.txtというファイルです。

これを開いてみると、

このような内容で書いてあるのを確認してみましょう。

すると、

【google.com, pub-00000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0】

という文字が書いてあると思います。

ちなみにpub-16桁は、あなたのアドセンスのアカウントIDとなります。

簡単にアカウントIDの確認方法を知る方法は、

・アドセンスの広告

広告の中の

data-ad-client="ca-pub-7XXXXXXXXXXXXX"

・アカウント情報

(サイドバーのアカウント→アカウント情報で見ることができます)

となります。

確認して大丈夫な場合は、一度ファイルを閉じます。

多分間違いはないと思いますが、間違った場合は番号の部分を訂正して上書き保存します。

ads.txtが作れてなかった場合

もしads.txtが作れてないかなった場合は、メモ帳でも作成ができます。

その場合は、

google.com, pub-00000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

の赤い部分をあなたのアドセンスアカウントIDにして、保存ファイル名を「ads.txt」として保存をして下さい。

④Xサーバーにアップロードする

次に保存されたads.txtファイルをXサーバーの方にアップロードしていきます。

Xサーバファイルマネージャーを開きます。

 

ログインすると様々なファイル名が出てきますが、自分がads.txtファイルを載せたいサイトを選択します。(アドセンスに乗っていたサイトです)

サイト名が見つかったらクリックをします。

次も開くと様々なファイルリンクがあります。

その中の【public.htm】という部分のファイルリンクを押します。

次にこの部分のファイルの中にads.txtファイルを入れていきます。

その準備をしていきましょう。

まず右側にあるファイルアップロード部分の「ファイルを選択」を押します。

そして保存したads.txtファイルを開きます。

ファイルの選択の横にads.txtと表示されるのを確認します。

つぎにアップロード部分をクリックします。

そしてpublic.htmを見て、ads.txtがでてればOKです。

 

もしでてなければ、もう一度やってみましょう!

グーグルアドセンスの画面に戻ると、ads.txtファイルの問題を修正してくださいという画面は残っています。

ただこの操作(ads.txtファイルをXサーバーにアップロード)をすると、しらばくすると画面が消えています。

何日かで消えるので、そのまま放置していれば大丈夫です。

もし1週間以上たってもads.txtファイルのアップロードしたのに画面が残っている場合は、何ら頭の問題が考えられます。

大概のads.txt問題はこの方法で解決します。

詳しい問題はグーグルアドセンスなどにご確認ください。

スポンサーリンク
おすすめの記事